~開運*美ライフ*コンサルテーション~

水瓶座18度「仮面をはがされた男」*人との「境界線」を手放す喜び

    
\ この記事を共有 /
水瓶座18度「仮面をはがされた男」*人との「境界線」を手放す喜び

2月7日前後の太陽のサビアン。こちらは隠し持っていた秘密が暴かれるというシンボルです。それはあまり心地の良い経験ではないかもしれませんが、そんな出来事を経ることで、自分がつけていた「仮面」が剥がれ落ちてゆくのです。

 

 

暴かれる秘密

 

 

ルディア版では

「人間の秘密の動機が

公的に仮面をはがされつつある」

となっています

 

このサビアンを

ネイタルチャートにお持ちの方

または

強調されるシーズンには

 

誰かの秘密を暴く立場に

なりやすかったり

 

あるいは逆に

自分が誰かに

秘密を暴かれる

といた事態に遭うことが

あるかもしれません

 

 

松村先生はこのシンボルを

対向の獅子座が侵入してくる

サビアン「第4グループ」において

 

「18度からはどのサインでも

本来のサインの復権が起こります」

と仰っています

 

個人として秘密に所有していたものを

他者によって暴かれ

個人的にもっていたもの

(つまり、隠し持っていたもの)を

喪失する出来事が起きるのですが

 

それは本気で隠そうとすれば

完全に隠し通せたところを

 

暴かれるだけの

スキをつくってしまうのです

 

そうすることで

周囲との差異を埋めて

公平な立場(=水瓶座的な立場)を

取り戻そうとするのです

 

そして初めて

 

外と自分をの間の壁が消えていき

外の情報や感情の流通が

ストレートに行われるように

(松村潔先生「愛蔵版サビアン占星術」)

 

なってゆくのです

 

水面下に沈み

見えないところで

固く閉じられていた

重い蓋が開かれていく…

 

 

何故ならそれが

【風の時代】には

必要なことだから…

 

情報が風に乗って

どこまでも拡散してゆく…

 

そして万人が知るところとなり

それはもはや「秘密」ではなくなる

 

それは

秘密を開示した人も

された人も

 

「重荷」から解き放たれ

 

「波動」が軽くなっていくことを

意味しているのではないでしょうか

 

 

情報開示のメリット

 

 

 

それでは

「情報を開示」する

ことのメリットには

どのようなものがあるでしょうか

 

例えば

次のようなものが

考えられそうです

 

① 透明性

 

個人の行動や意思決定のプロセスを

「壁」をつくることなく

周囲と共有していくことで

「透明性」が高まって

 

その人が

どういう「価値観」を元に

意思決定をしたのかが

見えやすくなり

周囲に「安心感」を与えるでしょう

 

「見えないもの」に対して

人は無意識に「怖れ」を抱くからです

 

②信頼の構築

 

情報を開示することは

周囲にその人物の

「正直さ」を印象づけることができます

 

それによって

周囲からの「信用」を得て

「信頼関係」を築きやすくします

 

それによって

関係の構築も

容易にします

 

③ 問題の発見と解決

 

情報が開示されることで

課題や問題点が

明らかになりやすくなります

 

問題の解決や

改善策を検討するうえで

「不透明」な部分が少ないほど

 

周囲の人々が

解決策のアイデアつくりに

協力しやすくなって

「一緒に」

問題解決に向けて働いてくれることでしょう

 

それによって

個人や

グループ全体の

成長や発展が

促されることにもなります

 

④ コラボレーションの促進

 

「情報を開示」することで

他者が「自分が協力すべき相手」を

見つけ出しやすくなります

 

「自分が協力することで

お互いにメリットになる関係」を

見つけ出すことを促します

 

すると

多くの人が

協力を申し出てくれることで

異なる視点や

専門知識を持つ人々の協力を得やすくなり

 

より良い解決策や

改革を

進めていくことができるでしょう

 

このように

【風のエレメント】が促す

人と人とのコミュニケーションや

【水瓶座】が大切にする

コミュニティの利益という点で

「情報開示」は

 

「秘密」という

人と自分とを遮っていた

「境界線」を手放すことで

 

信頼関係を構築し

より良いコミュニケーションを促し

グループ全体の利益を高めるうえで

大切な役割を担い得るもの

と言えそうです

 

 

 

「恥の文化」からの脱皮

 

 

けれども

蓋をこじ開けられ

ヒミツを暴露された側は

相当な苦痛を

味わなければならないケースも

多いのではないでしょうか

 

顔から火が出るような

「恥ずかしさ」に

いたたまれなくなることだって

あるかもしれません

 

「恥ずかしさ」

 

ここで思い出されるのは

戦後アメリカの占領プランのために

日本の研究を命ぜられたとされる

ルース・ベネディクト氏の

日本研究レポート

「菊と刀」

 

そこで女史は

「日本は恥の文化であり

「外部」からの強制力が働くことで

行いを選択する」

と述べました

 

つまり

「世間の目を意識して行動の基準とする」

ということ

 

それに対し

「世間がどういうか」ではなく

じぶんがどういうものを

「内面の価値観」に置いているか

ということを

まずはオープンにしてみる

 

それがこのシンボルの

問うていることではないでしょうか

 

ここで気をつけなければならないのは

「きっと非難を受けるに違いない」と

思って「公にできないこと」の

基準になっている考えが

実は「正しいとは限らない」

ということです

 

「恥ずべきこと」に違いない

と思っていても

公の場にさらしてみれば

実はそうでもなかった

 

周囲の価値観の方が

変っていた

…ということだって

あり得るかもしれません

 

もちろん

これは

「もう受け入れられるに違いない」

と思ったことでも

「そうでもなかった」

という可能性もあり得ます

 

それでも「仮面を外す」こと

「情報を開示」することは

 

「自分の内面」や

「内面の価値観」の是非を

「外側のいろんな価値観」の海に

投げ入れることに他なりません

 

それはとりもなおさず

それまでじぶんが

保持し続けていた「仮面」を

外したかたちで

眺めてみること

 

 

つまり

「自分が思い描いていたこと」を

見つめ直す機会になることだけは

間違いないのではないでしょうか

 

 

抱えているものを、手放すとき

 

 

つまり

こころの中に

ギューッと握りしめていた

指の1本1本を

開いていくかのように…

 

その先に

何が起こるかを

「客観的」に眺めてみる

 

それが「批判」を受けようと

受けまいと

 

自分が予想した通りになろうと

なるまいと

 

「成り行き」そのもの

つまり「風の流れてゆくさま」を

 

一歩離れたところから

眺めてみる…

 

そんな姿勢が必要に

なってくるのではないでしょうか

 

つまり

単に「世間の目」や「周囲の反応」に

一喜一憂して

そこにまた

「怒り」や

「恥ずかしさ」や

「劣等感」といった

「反応」を返すのではなく

 

「自分から離れた秘密」を

見つめることから

 

これまで

自分でも見ないようにしていた

「心の闇」に

気が付かされることも

あるかもしれません

 

 

そうすれば

ここから

わたしはどんな「次の一歩」を

新しく構築していくべきなのか

 

それがわかってくるかもしれません

 

そんな風に

「抱えていたじぶん」

を「見つめ直す」時が来ている

 

それを知らせてくれているのが

「仮面を外される」

タイミングなのではないでしょうか

 

 

「情報開示」の時代

 

 

さてまさに2024年2月現在

世の中には

「情報開示」の流れが

急速に広まっていると言えそうです

 

毎日ように

ニュースやXをにぎわせている

次々と明かされる

芸能界の裏話やゴシップ

 

また長年秘密にされてきた

「あのこと」に対し

固く閉ざしてきた口を

重々しく開き始める人も

増えていますね…

 

また世間一般のニュースでなく

「歴史の裏側」で

「秘密文書」とされてきた

数々の古文書などが

公になる動きも相次いでいます

 

例えば

登録者65万人突破の

YOUTUBERさん

 

TOLAND VLOGさんなども

そういった「秘密」を

丹念なフィールドワークを元に

次々明かしておられます

 

(以下 YOUTUBEアカウント・ページより)

 

【誰も見たことがない歴史の転換期】

 

2024年以降は、さらなる「情報の開示」が進んでいく。

これはもう間違いない。

エジプト最古の「階段ピラミッド」が

開放されたのが2020年。

死者を蘇らせるピラミッドテキストが描かれた

「ウナスのピラミッド」が開放されたのが2022年。

同じく2020年から世に放たれた

伊勢外宮の一族の口伝や、愛智神話。

そして、日本を裏で支え続けた山陰神道…

ネイティブ・アメリカンの予言の民「ホピ族」

は2024年に人類の流れが決まると言っていた。

そして、口伝を語り継いできた世界中の長老や

日本を守り続けてきたさまざまな「役職」の多くが

「最後の代」だということを考えると

この時代が何か大きな意味を持つことは間違いなさそうだ。

 

こちらで述べられておられるように

「時代の転換期」である現在

こちらのサビアンシンボルが促すものは

【風の時代】を促進する

大きなエネルギーと言って

いいではないでしょうか

 


本日も最後までお読みいただき
本当にありがとうございました


サビアン・シンボルとはホロスコープ360度
一つ一つにあてられたイメージの詩文


サビアンシンボルで
「星空のリズム」に波長を合わせて
運気の流れをスムーズにしてゆきませんか…?

よろしければ是非ブログをフォローして
更新情報をお受け取りくださいね

サビアン・シンボルとスピリチュアルのお話し - にほんブログ村

人気ブログランキングでフォロー

ランキング応援どうぞ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
占い師ランキング
★おすすめ★—お試しセッション—

☛「心の奥」に潜んでいる
ご自身の思いを引き出してみませんか?
60分で「心の変化」と「気付き」が得られる
初回特別価格の体験セッション

 

★お試しコーチング★


☛最新の物理学理論に基づく
コーチング・メソッドと
潜在意識への誘導瞑想で
あなたの「願望」の現実化へ…

 

★ホロスコープ&サビアンシンボル鑑定★

☛あなたが生まれる前に決めてきた
「魂の願い」が見つかれば
人生がもっとスムーズに運んでゆくかも?

出生図に秘められた「魂のテーマ」を
エジプシャン・タロットと
東西アストロジーで鑑定し
開運アクションをお伝えする
トータル・ライフ・クリエーション

 

★無料メール・セミナー★

心理学・脳科学・NLP
占星術・スピリチュアル・
陰陽五行・風水の観点から

「隠れたあなた」を引き出し
潜在意識を書き換えて
引き寄せ力をアップする

マインドセット変容プログラム

 

★公式LINE★

 

★アメブロ★

 

他★ご鑑定&セッション★ ストアはこちら