~開運*美ライフ*コンサルテーション~

牡牛座7度「サマリアの女」*私は、私…「浸透した世界観」を超えてゆく

    
\ この記事を共有 /
牡牛座7度「サマリアの女」*私は、私…「浸透した世界観」を超えてゆく

4月27日前後の太陽のサビアンです。「今この瞬間」から私たちが「自分の人生を創り出す(創りなおす)」ことができることを、伝えてくれているシンボルと思います。

 

 

聖書のヨハネ4章とは

 

 

こちらのサビアンは

聖書の「ヨハネ4章」に登場する

「サマリアの女」という

お話しがシンボルとなっています

 

 

ルディア訳では

「先祖の井戸にいるサマリアの女」

となっています

 

 

このお話を要約して

ご紹介したいと思います

 

 

(一定の「宗教」のお話

としてではなく

シンボルから言われていること

伝えられていることは何か…を

ご自身なりに

考えてみて下さいねっ)

 

 

 

 

① 当時ユダヤ人

(イエスもユダヤ人)と犬猿の仲で

近くを通ることもはばかられていた

サマリア人が住む地域を通って

目的地へ向かっていたイエス

 

 

② 昼時に弟子たちが

食料を求めに行っている間

サマリア人の井戸で待っていたイエス

 

 

③そこへサマリア人の女が

水を汲みに来ます

 

 

④その女性にイエスは声をかけ

「水を飲ませて下さい」と頼む

 

 

⑤女性は驚く

 

理由1:ユダヤ人とサマリア人は犬猿の仲

理由2:当時の慣習で公道で

    男性は女性に話しかけてはならない

    ことになっていた

 

 

⑥さらにその後のやり取りで

 

*女性が5回も結婚に失敗し?

 今は正式な夫でない男性と暮らしている

 ことを言い当てる

 

 

⑦ さらにイエスは言う

「私が何者かをあなたが知っていたら

私があなたに水を求めるのではなく

あなたが私に水を求めるだろう。

 

なぜなら私の与える水は

時間を経ても

もう渇きを覚えることがない

”命の水”であるから」

 

 

⑧ 女性は彼が

長年彼女が待っていた

「救世主」であると考え

 

水瓶(彼女の重荷の象徴)

を彼の元に置き去って街へ…

(彼女がこれまで

避け続けていた人々の処へ)

 

「救世主が現れた」と告げに行く

(言いたいことを言うという行動に出る)

 

というお話です

 

 

「サマリア人」とは何か

 

 

ここで

「サマリア人」とは

何を象徴しているのでしょうか

 

 

「サマリア人」とは

キリストの時代に

「差別対象であった」とされています

 

 

(日本で言えば

アイヌの人々のような

イメージでしょうか)

 

 

けれどそんな

*民族への偏見

*下層階級であり

*(5回も結婚して今は内縁の男というふしだらな?)

「罪深い」とされている女性

に対し

 

 

キリストは

「偏見なく」

「分け隔てなく」接するのです

 

 

「関わり」を持とうとすると見えて来るもの

 

 

ここで振り返ってみたいのは

一つ前の

サビアンシンボル牡牛座6度で

人と人との関係性の中に

飛び込む勇気を得ました

 

牡牛座6度「渓谷にかけられる建設中の橋」*「怖れ」を超えて新しい関わりを築く試み

 

けれど牡牛座はそこで

「差別」や「階級差」といった

「越えられないように見える障壁」

に阻まれるのが

この7度であると言えそうです

 

 

サマリア人の女性は

そうした

「被差別」

「階級差」

「自由に振舞えない地域社会の監視」

といった立場に追い込まれています

 

 

例えばこの女性は、

何故「昼間」に

水を汲みに行かなければ

ならなかったのでしょうか?

 

 

虐げられて、

低く見られている民族

 

 

その中にあって

「自分のこころのままに」

生きて来たことで

 

 

彼女の故郷である

「虐げられている民族」からも

「こいつは…」と

見られている女性

 

 

そこに横たわっているのは

まるでピラミッドの階層のように

「上にあるものは」

「正しいとされる行いは」

という「概念」が

 

 

ステレオタイプのように

独り歩きし

浸透している世界

 

 

そしてそのような

「浸透している世界観」に

もうこれ以上

傷つけられたくなかったがゆえに

 

 

近隣者の誹謗中傷を避けるため

人目を避けるように

通常は水汲みに来ない

暑い暑い真昼間に

 

 

重い重い水瓶を運ぶのに

仲間とやって来て

助け合うこともせず

一人でやってきたのでしょう

 

 

(早朝に仲間とやって来るならこんなイメージ?)

 

 

そう彼女の心の中には

この時点で

「浸透された世界観」への

「怖れ」が横たわっていたのでしょう

 

 

けれどもそれでも

この女性の中には

「私は、私でいい」

そんな「彼女独自の視点」が

くすぶっていた

のではないでしょうか

 

 

だからこそ

あらゆる地上の

世界観を超えた「視点」

「神の視点」を持つイエスに

 

 

「波長を合わせ」

出逢いを引寄せたのでは

ないでしょうか

 

 

私たちを取り巻く「世界観」

 

 

私たちは生きていく中で

 

 

ありとあらゆる

「世界観」という「視線」に

晒されて生きています

 

 

そうした「視線」は

時に「刃物」のように

 

 

あるいは

チクチクとした「とげ」の様に

 

 

私たちのハートに

突き刺さってきます

 

 

その「声なき声」は

私達に語りかけます

 

 

「あなたはどうして

他の人と同じようにできないの?」

 

 

「あなたの行いは

果たして”正しい”行いなの?」

 

 

「正しい」とはつまり

そこに「浸透している世界観」に

丁度良く合致している

ということです

 

 

けれども

私たちというものは本来

「十人十色」の存在であり

 

 

ひとりとして

「同じ存在」はありません

 

 

それはこの地球上に

約3000万種とも言われる

多種多様な種類の生物が

生存しているのと同じ

 

 

約79億人の地球上に住む人間は

約79億の個性を

もちあわせているはず

 

 

誰一人として

同じDNAを持ち

同じ過去生を持ち

同じ体験をしてきたものはありません

 

 

けれども

人々がある一定の地域で

「定住」を始める時

 

 

そこには「そこに住む」

という「枠」がはめられ

その中で生きていくことが

求められます

 

 

それはやはり

守られなければならないルール

ではありますが…

 

 

あまりに

その「制約」や「縛り」が

強くなり過ぎて

身動き取れなくなってしまうと

 

 

私たちが

生まれながらに持っている

「本来のパワー」も抑えつけられ

発揮できなくさせてしまうもの

でもあるでしょう

 

 

だからそうした

「集合無意識」に横たわっている

「一つの価値観」

「浸透しきっている価値観」は

必ずしも

絶対的なものではないこと

 

 

必ずそこには

「抜け道」があることを

忘れないようにすることが

大切なのではないでしょうか

 

 

「こころ」の自由権

 

 

キリストの態度や言葉掛けから

彼女は

「差別」というものが

ローカルで

時代的な価値観であり

 

 

そうした「時代的な主観」に

屈する必要がないことを

学び取ったのだと思います

 

 

「他人」や「時代」や「地域」に

縛られ制限された価値観

を超えたもの…

 

 

それが

女性が真に探し求めていたもの…

だったのではないでしょうか?

 

 

そうこの女性が

そうした「縛り」から

意識を解放されたように

 

 

ほんとうは

いつだって私たちは

「自由」であるはずなのです

 

 

なぜなら

私たちの「こころ」を

私たちの深い深層にある

「意識」を縛ることは、

何びとにも不可能であるから…

 

 

けれども

「あるもの」だけは

 

 

その深層へと

入り込んでいくことができます

 

その「入り込んでいける

ただひとつのもの」

それは

「信頼」であると思います

 

 

私たちが自分に

「私が、私であること」

を認めることができたなら

 

 

そうした「認識」を

促してくれた誰かを

私たちは「信頼」することが

できるのではないでしょうか

 

 

このひとは

「浸透している世界観」

の価値基準で

私のことをジャッジしない

 

 

私そのままの私を

あるがままに見い出してくれた

 

 

心底そうおもえたとき

そこに初めて

牡牛座6度が試みていた

「橋」が架けられ

 

 

「心の中」

「深層意識の中」の扉へと

辿り着くことが

できるのではないでしょうか

 

 

「新たなる認識の扉」を開く

 

 

それがほんの短い会話で

「サマリアの女」に

心を開かせた

イエスであるでしょう

 

 

イエスに出逢い

「サマリアの女」は

生まれて初めて

 

 

「私が私のままであること」を

じぶんで

じぶんに

許すことができた

のではないでしょうか

 

 

「持たざる者」として

位置づけられた

「サマリア人」というレッテル

 

 

その中でも

なにものにも

味方されることの無い立場の

「サマリア人の女」

 

 

けれども彼女は

そうした

「世間一般の視点」ではないものを

こころのどこかに秘めていた

 

 

それが

イエスとの「出逢い」を引寄せ

イエスとの会話によって

引出してくることができたのでしょう

 

 

「先祖の井戸」が意味するもの

 

 

また

このシンボルのルディア訳は

「先祖の井戸にいるサマリアの女」

となっていましたが

 

 

聖書でイエスとサマリアの女が

出会うのが

サマリア人に

先祖代々受け継がれている

「井戸」の前で…となっています

 

 

この井戸は

深い深い井戸であるけれど

その「深さ」とは

彼女の中に埋め込まれている

DNAを象徴しているとも言えそうです

 

牡牛座1度 「清らかな山の小川」*直感を信じて可能性を花開く

 

こちらの記事でご紹介した

「いのちのまつり」で

伝えられているように

 

 

わたしたちのDNAには

「命の系譜」が

受け継がれています

 

 

けれども

牡牛座6度で

「橋を架けようと」したからこそ

自分は

「相手」とは「違う」

ことが突きつけられて

しまうこともあるでしょう

 

 

それは

ある時は

「民族の歴史」

またある時は

自分の家系的な「体質の問題」や

「学歴や経済的な落差」

かもしれません

 

 

けれども

そうしたもの一切を含め

「私はわたし」である…

そういった「素性」

 

 

つまり自分の中にある

「先祖から受け継がれている井戸」を

「受け入れる」ことで

 

 

私たちそのものの中にある

「尊厳」も見えてくるのでは

ないでしょうか

 

 

それは「私たちそのもの」を

認め、受け入れるということ…

 

 

 

「いのちの水」とは

 

 

けれどももっと言えば

私たちの命の「尊厳」とは

実のところ

この「井戸」が象徴する

「命の系譜」

そうした先祖からのDNA以上に

もっと深淵で意義深いもの

なのではないでしょうか

 

 

それは私たちの

「魂の系譜」であると思います

 

 

それは私たちの魂に刻まれた

「魂の記憶」であると思います

 

 

それこそは

何も持たなくても

怖れなくても

「私はただ私、そのままで在る」という

「尊厳」です

 

 

だからこそイエスは

(この井戸の水を飲んでも

また喉の乾きはやってくるが)

「いのちの水」は

「汲めども尽きることの無く」

「二度と渇きを招くことは無い」

と伝えたのではないでしょうか

 

 

それに気づいた時

井戸をのぞき込んで

その中に見える

深い深い暗闇の中にも

 

 

ホントウの光を見い出して

 

 

”いま、ここ”から

「自分なりの世界観」を

構築していけるのではないでしょうか

 


最後までお読みいただき
ありがとうございます

サビアン・シンボルは
ホロスコープ
360度の1度ずつにあてがわれた
アカシック情報とも言われる詩文です

「新しい時代」に備え
サビアンシンボルで
「天体のリズム」に
波長を合わせてゆきませんか?

よろしければ
是非ブログをフォローして
更新情報をお受け取りくださいね

サビアン・シンボルとスピリチュアルのお話し - にほんブログ村

人気ブログランキングでフォロー

ランキング応援も宜しくお願い致します(^^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
占い師ランキング
★おすすめ★—お試しセッション—

☛「心の奥」に潜んでいる
ご自身の思いを引き出してみませんか?
60分で「心の変化」と「気付き」が得られる
体験セッション(初回限定価格)

★お試しコーチング★


☛最新の物理学理論に基づく
コーチング・メソッドと
潜在意識への誘導瞑想で
あなたの「願望」の現実化へ…

★ホロスコープ&サビアンシンボル鑑定★

☛あなたが生まれる前に決めてきた
「魂の願い」が見つかれば
人生がもっとスムーズに運んでゆくかも?

出生図に秘められた「魂のテーマ」を
エジプシャン・タロットと
東西アストロジーで鑑定し
開運アクションをお伝えする
トータル・ライフ・クリエーション

★ご鑑定&セッション★ ストアはこちら★無料メール・セミナー★

心理学・脳科学・NLP
占星術・スピリチュアル・
陰陽五行・風水の観点から

「隠れたあなた」を引き出し
潜在意識を書き換えて
引き寄せ力をアップする
マインドセット変容プログラム

★アメブロ★

★公式LINE★ ご登録の方に8つのプレゼント


↑ 上記画像をクリックしてお友だち追加して下さいね