子どもと良い関係を築くには~子育てヒント5選

毎日忙しいからなかなかお子さまのそばにいてあげられない。
一緒の時間もなんだかんだ、ほかのことに気が取られて…向き合ってあげられない。
そんなお母さんは多いのではないでしょうか…。

そんな時、短い時間でもなるべく
「お子さまと良い関係を築くテクニック&心構え」は?
あなたの子育てに
ちょっぴり「新しい視点」が得られる?
「子育てヒント5選」を
脳科学とスピリチュアルの視点から
お伝えいたします。

(その1)「オウム返し」

 

お子さまと会話をする時

今日あったことを話してくれるとき

そう…子どもが大きくなると
だんだん
園や学校であったことを
話してくれるのも
少なくなっていきますが💦

少しでも話してくれたら
「またお母さんに話したい」と
思ってもらえるコツ

それは
お子さまの話を
「オウム返し」すること。

***************************

「あのね、今日ね…学校でね先生がね」

「うん、学校で、先生が…どうしたの?」

「教室にちょうちょが入ってきたんだ」

「へーそうなの。教室にちょうちょが入って来たんだ~」

「そうそれで先生が」

「うん先生どうしたの」

「じーっと近づいて捕まえたの」

「え~じーっと近づいて捕まえたんだ~すごいね~

それでどうしたのちょうちょ…」

***************************

このようにさりげなく…
(わざとらしくなく💦)いったん
相手の言葉をそのまま返すことで
普通に相槌を打つより
「ちゃんと聞いてもらっている」
という安心感が生まれます。

これは脳科学の手法で
「バックトラッキング」と言われ
相手との信頼関係が向上する
と言われる手法です。

短い時間だからこそ
大切にしたい親子の会話。

プラス
腰を落として
目線の高さを合わせて
ちゃんと目を見て…
聞いてあげられればベストです。

短い時間でも
「あ~お母さんは
ちゃんと受け止めてくれている」
という安心感に包まれます。

でもそこまで時間が取れない時
例えば手を動かしながらでも
「オウム返し」ならできそうですよね!?

顔だけはなるべく
お子さんの方を向き
相槌には「オウム返し」…

是非やってみてくださいね(⌒∇⌒)




 

(その2)「呼吸を合わせる」

 

毎日忙しいお母さんが
短い時間のあいだにも
なるべくお子さまと
良い関係を築けるように…

2つ目の手法は
「呼吸を合わせる」
です。

1つ目は向き合ってお話する時間もない時…
でしたが、こちらは
もしお休みの日などにもう少しお時間が取れて
隣や前に座ってお話ができるとき…
の場合デス。

今日のお子様のテンションは
どんな感じでしょうか?

あなたのもとに走ってやってきて
「見てみて~これ凄いでしょう!」

と息を切らせているお子さまに対し

「な~にかな?」

とこちらも少しテンションをあげて

対応する。

逆に

「今日さ…」(沈黙)

「○○ちゃんがさ…」(沈黙)

なんて時には
内心「今ちょっと忙しいんだけどな~」って時も

焦る気持ちを抑え
こちらも声のトーンを落として対応する。

…といったことはきっと
自然としていますよね。

きっとこういう時は

1番目の例の時と
2番目の例の時では

「呼吸の早さ」も違いますよね。

私達も
ちょっと気分が落ち込んでいる時は
呼吸もゆっくりになっていますね。

ハアーっ
とため息が出てしまったりして

その「ため」息の前は
知らず知らず
「息を詰めて」いたわけですよね。

逆に

あれもやらなきゃ!
これもやらなきゃ!

なんて気持ちが焦っている時は

心臓の鼓動もきっと早いし
呼吸も短く早くなっていますよね。

そんな風に
呼吸のトーンと感情は
結びついているんですよね。

ですので
相手の呼吸に意識を向けてみる
ということは

相手の「気持ち」に
より近づくということ…。

けれども
相手の「息遣い」に合わせてみる
というと
ちょっと難しく感じてしまうかもしれません。

だから
相手のテンション
声のスピードなど
相手の「ペース」に合わせることを
意識してみるのはどうでしょう…。

そんな風に
チョット意識してみることは
相手に一歩「歩み寄る」こと。

だから歩み寄ってもらった方は
そうと気づかなくても
何となく居心地が良い♡
気分になると思います。

だって
「場の空気」を自分仕様に設定
してもらったようなものですものネ☆彡

是非お試しになってみてくださいね。

(お子様だけでなく
上司や同僚と話すときにも…
使えそうですよね(*’▽’))




 

(その3)「愛を伝える」

 

お子さんとの関係を
スムーズに築くためのヒント。

その3は「愛を伝える」です。

ちょっと振り返ってみてくださいね。

昨日お子さまに、「大好きだよ」って
口に出して言いましたか?

今朝からは…?

…案外口に出して言った、
という方は
少ないのではないでしょうか?

確かにお子さまが
もう中学生…となると
ちょっとムズカシイですが…

小学生の低学年くらいまでは
いえ小学校の中・高学年でも

時々…いえたまには
口に出して
愛を伝えてゆくのがおすすめです。

もちろんお子さんによっては

「この子いろいろ難しくって…」とか
「言うこと聞いてくれないし…」とか

日々イロイロあるとは思います!

でもそんなこんなでも
ご自身の心を見つめてみれば
1%も愛がない…
そういう方はないと思います。

いえむしろ
愛があるからこそ
ガミガミくどくど
言ってしまうのだと思います!

もちろん中には
兄弟で
自分の中の「愛の比率」が
違うことはあるかもしれません…。

それは人間ですから
多少ウマが合うとか
相性とかはありますよね💦

それでもやっぱり
自分のお子さんへの愛がゼロ
っていうことはないのでは
と思います★

自分から生まれてきた存在。
あなたの
延長線上にある存在。

だからこそいろいろ見えてきて
思い通りに行かなかったり
いろいろ芽生えてしまう
感情があったとしても。

いったんはそれを脇に置いて
ご自分の心の中にある
愛情にのみフォーカスしてみましょう。

そしてそれを
ご自身の中から
思い切り
引っ張り出してみてください!

きちんと声に出して
あなたのその愛を
声に出して
伝えてみてください!

テレビのドラマのセリフのように

「○○ちゃん、だーい好き!」と。

お子さんが小さければ小さいほど
言いやすさはアップ!
「貴重なチャンス」です。

けれども少し大きくても
是非実践してみてくださいね。

例えば保育園のお迎えの時

「○○ちゃん、また会えてお母さん嬉しい!」
「だーい好き!」…とギューッとハグ…

スキンシップも大切ですね✨

赤ちゃんの時は
いっぱい抱っこしてたけど
お子さんが大きくなるにつれ
ちょっとハグまでは…という方

または
口に出すのはちょっと…
という方は

手を握るとか
それもムズカシイ場合は
手をとってさするとか…
でもいいですね。

個人的には
小学生3,4年生くらいまでは
ハグだって
ぜんぜんオッケーという気がしますが

まあお子さんによりますね。
(いえお母さんの心の持ち方次第?)

お子さんに
モーいきなり何言ってるのお母さん
とばかり冷たくあしらわれても
内心悪い気はしないと思います。

デモ、口先だけで
わざとらしくならないよう
心を込めて言ってみてくださいね。

え~そんなの無理~という方は
まずは目を合わせ
ニコッとするとか

やりやすい方法で
良いと思います。

自分の中の愛情を
確認するつもりで
言ってみると良いと思います。

え~それもできない…
そんな気持ちの余裕がない…

もしそんな方がいらしたら
それはもしかして
ご自分に対する愛情が
不足しているかも!?

まずはご自分への愛情を
意識してみてくださいね。

牡牛座の季節のアロマ*ローズ*自分を愛することを思い出すために

「愛を伝える」は
お子さんが
小さければ小さいほど

(言葉がわからないうちでも
お腹にいるときからでも)

いっぱい言っておくと…
大きくなってから、楽ですよーー!!★

「自己肯定感のある子ども」は
のちのちほんとに育てやすい!です。

自分の愛が相手に伝わっているって
あなたが思っている以上に
とっても大切☆彡

小さいうちが花!そして必要!
でも大きくなっても機会があれば是非!

「○○ちゃん、だーい好き!」

是非実践してみてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

あ~うちの子は
もう大きくて無理…
(中学生だもん、高校生だもん)
…という方は

心の中でも良いのですよ~
寝顔に向かってでも良いのですよ~

心の中に「愛情設定」

きっとそこからいろんな展開も
変わってゆくことと思いますよ☆彡




(その4)「信頼する」

 

かなり前のお話ですが
某金融企業の
「あなたのためだから」っていうCM
ご記憶にあられます?

カフェ(喫茶店)の女子3人。
西山茉希(にしやま まき)さんが
ケーキを口に運ぼうとすると
他の女子2人が
「ダイエット中だよね」
「あなたのためだから」と言って
彼女のケーキを取り上げてしまうというストーリー。

https://youtu.be/u9U0DXrsXXw

この少しシニカルな笑いのCM
どこかお子さまとの日常にも
ありがちではないでしょうか?

そう、ここで出てくる
「あなたのためだから」という言葉…

親の立場として
ついつい子どもに
言ってしまってはいないでしょうか?

だって子どもより
多少は長く生きているんだもの。

あなたたちより
世の中を
よくわかっているんだから。

もちろん本当に小さいうちは
「やっていいこと」
「いけないこと」

危険を伴うことや
他の人の迷惑になること

それらを伝え
注意しなければならないことは
当然です!

それが親の責任でも
ありますね。

けれども
少し大きくなって
少しずつ自我が芽生え始めたら

やってはいけないことが
少し理解し始めたら…

こういったセリフは
少し控え目にしたいものです。

それはお子さまの中の
素晴らしい「芽」を
潰してしまう可能性が大きいから。

抑えこんでしまう可能性が
大きいから。

「黙っていなさい」
「言う通りにしなさい」
「言うことを聞きなさい」

実際に口に出さなくても
そんな気持ちで
子どもに言うことを聞かせようと

第一に考えてしまうことは
ないでしょうか?

「あなたのためだから」
その言葉の裏には

○○だから
○○するのは当然…
または
○○すると
○○になってしまうという
怖れや心配。

でも実は
そういう私たちの○○は
時代の流れと共に
変わっていることも
あるかもしれません。

固定概念として
固まってしまっている
思いがないか

時々は少し疑ってみるのも
必要かもしれません。

少し柔軟な発想で
お子さんの意見を受け止めてみよう
となさるのも
大切かもしれません。

そして
お子さんの主張の裏にある
お子さんの
「気持ち」や「感情」の方に目を向けて
受け止めてあげてみてください。

本当は
それは「いけないこと」と
わかっているのに
ただ
「お母さんを振り向かせたくて」
行っているだけなのかもしれません。

何より大切なのは
子どもの心が

有無を言わさず
従わせられるとき

心のどこかが
悲鳴を上げているとき

損なわれるのは「信頼」。

お子さんの
「こころ」を見ずに
決めつけたり
押し付けたりしてはいないか

イライラする気持ちを抑えて
じっと見つめてみましょう。

何より大切な
お母さんとお子さんの
「信頼関係」を失わないように。

「こころ」を受け止めて
そこから話し合えば
お子さんの中の
「他人を信じる心」が
損なわれることはありません。

きっとそれが一番大切なこと。




(その5)「尊敬する」

 

「子どもと良い関係を築くヒント 5選」
最後のヒントは
「尊敬する」です。

こちらは「詩」??
でお伝えしてみたいと思います!

***********************

子どもは私たちより
後から生まれ
私たちより小さい存在。

守ってあげなければ
ならない存在。

けれどもそれと同時に
大きな未来を秘めた存在。

もし魂(たましい)に
生まれ変わりがあるとしたなら
きっと過去生(かこせい)が
あるに違いない。

すると目の前の子どもは
もしかしたら
私より何回も
多くの人生の経験を積んできた
魂(たましい)で
あるかもしれない。

この子が
生まれてくるとき

「この人なら自分の力になってくれる」

と思って
わたしを選んで
生まれてきてくれたかもしれない。

いえもしかしたら

「僕なら(私なら)
この人の力になってあげられる」

そう思って
私の元に来ることを
決めてくれたのかもしれない。

人と関わる時
年齢はあまり意味をなさない。

自分より年齢が下でも
自分より凄い方々は
星の数ほどいらっしゃるように。

自分の子どもも
他の子どもたちも

この時代に生まれてきたのが
わたしよりほんの少し
ゆっくりだっただけ。

すれ違った今この時
みんな旅の途中。

だとしたら
今目の前にいる
この子も
あの子も

みな「尊厳ある魂」として
存在している。

だから心のどこかでは
どうぞ
ひとりの人間として
ひとりの人格として

「尊厳ある魂」として尊重し
接してあげてくださいね。

そして
土から芽吹く
草の芽が
その「生きるチカラ」で
成長し
花を咲かせてゆくように。

その子どもの成長を
「伸びるチカラ」を
信頼し
大きな目で
見守ってあげてくださいね。

私たちは日々
つい子どもを
自分の「従属物」のように
考えてしまいがち…

けれども実は
神様(創造主)から
そのお子様を
「お預かり」させて
頂いたもの…。

この地球に降り立った魂を
大切にお預かりして
神様(創造主)の代わりに
大切に育てます、と約束して。

それは
「親と子」という立場において
それぞれの「学び」を
経験するために。

あなたの目の前に
今居てくれる
あなたの子ども。

その子の後ろに
続いていた道…
生まれてくる前の
遠い過去と

これからたどる
遠い未来の道程に
思いを馳せれば

今ここに一緒にいられるのは
何て短い時間。

今ここに
共に居ることの
不思議を想う。

***********************************

いかがでしたか…?
脳科学とスピリチュアルの視点から見た
「子育てのヒント5選」
(その1)オウム返し
(その2)呼吸を合わせる
(その3)愛を伝える
(その4)信頼する
(その5)尊敬する

是非あなたのお子様との関りに
取り入れてみて下さいね。

あなた様がお子様と
良い関係を築いていかれますことを
お祈りしています!

************************************

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆彡

8日間無料メール講座もおすすめです!




■セラピスト・プロフィール■

*陰陽五行バランスナビゲーション*
宮代 彩也乃(みやしろあやの)

詳細はTop Pageからどうぞ!

■アメーバ・ブログ■

■応援クリックもどうぞ宜しくお願い致します■

ブログランキング・にほんブログ村へ

陰陽五行バランスナビゲーション - にほんブログ村


人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! してね☆

PAGE TOP