心を解き放つ香り~蠍座のアロマ・サンダルウッドで自分に向き合う

心を解き放つ香り~蠍座のアロマ・サンダルウッドで自分に向き合う

蠍座の季節に入りました。蠍座は「変容」を促すサインと言われます。
あなたが今何かを手放して自分を変えてゆきたいなら…
蠍座のアロマと言われる「サンダルウッド」の香りはいかがでしょう?

瞑想にもおすすめの香り…
サンダルウッドで期待できる働きをご紹介します。

蠍座の季節におすすめのアロマ・サンダルウッド

 

蠍座の季節におすすめのアロマは
「サンダルウッド」です。

インドや中国の瞑想儀式で古来より使用され
アーユルベーダと関係の深い精油と言われています。

古来、仏教やヒンズー教など宗教にも関係が深く
日本では「白檀(ビャクダン)」の名前でも親しまれ
お香としても良く使用されます。

精神やスピリットに働きかける香りとされます。

精油は木の心材から抽出されます。

高さは9メートルにもなり
紫色の花をつけるそう。

アジアでは神様の像や
仏教でもお仏像や
また扇子などにも使われていますね。

木材からの香りは温かみがあり
森林浴のような
平和で安らげる気分にさせてくれます。

ありのまま
自然体の心に戻してくれる
そんな解放感も。

またウッディ調の深く、
上品な甘みと趣きを持つ香りは
少量でも存在感を持ち、
落ち着きや静けさをもたらしてくれます。

イメージで言えば、クラシックやオリエンタル。

ミステリアスな蠍座の醸し出す雰囲気のように
朝や昼よりは夜、
春や夏よりは秋や冬を思わせる香り。

けれども淋しさはなく
どこか暖かく迎えてくれるような
優しさと包容力を持つ香りです。

静かに香りたち
最後まで残り続ける香りは蠍座の
奥ゆかしく
スピリチュアルなイメージそのままです。

 

「流れ」を促す香り

 

身体的には頭痛や不眠、
激しい咳をおさめてくれるとされます。

不必要に高ぶった神経や心を冷まし、
安眠に導いてくれたり
滞ったリンパの流れを流してくれる働きも。

それは同時に現状の問題で
「何か詰まって流れなくなっている」
事柄にも有効です。

あなたが
もう不必要になっているものを
なかなか手放せないでいるとき
サンダルウッドの香りは
しがみついてしまう気持ちを解放して
風穴をあけてくれることでしょう。

滞った物事に
そして前に進めない心に
再び流れを与えて
あなたという支流を
全体という大きな流れ、
物事の本質という本流へと導き
心に平安と調和をもたらしてくれます。

 

「本質」にアクセスする香り

 

また「自分を見つめ直す」時間を
豊かなものにしてくれる香りでもあります。

蠍座には
「心理」「潜在意識」「探求心」
というキーワードも。

蠍座の持つ
自分に向き合い
「心の奥まで深く探求する」ことのできる力を
呼び覚ましてくれそうです。

いわば
「ハイヤーセルフ=高次に存在するあなた」
と「今のあなた」を繋げてくれる香り。

例えばあなたが
特定の目標への努力が行き過ぎるとき
無理をせずに
現実を受け入れるよう促してくれます。

「こうでなければ」
「これをやらなければ」
「あれもやらなくちゃ」
と気が急いて焦ってしまうとき

更には
「でも自分にできるかしら」…
といった不安にさいなまれるとき

心が前へ行ったり後ろへ行ったり
…自分でも苦しいですよね。

そんな時は
周りの人々の声や
状況に振り回され
自分が本当に望んでいることが
見えなくなっていることが多いもの。

心をいったんクールダウンさせて
静かに落ち着かせ
それを目指していた
「そもそも」の動機や
望んでいたことを
見つめ直すひとときへ導いてくれます。

「いま此処」へ立ち戻らせてくれる香り

私たちは
過去のもう
終わってしまった出来事にも
何度も何度も
「どうして~をしなかったのか」
と反芻したり
「あのときはああすれば良かったのだ」
と分析したりすることで
大概の時間を使ってしまいます。

さらに過去にこだわることは
それによって
未来にもまた
同じような出来事が起こるような気になって
「未来への不安」も連れてくることになります。

そんな「今ここ」から離れた時間への
妄想にあけくれる心の動きをストップして
私たちを、「この瞬間」へと引き戻してくれます。

 

「自動反応」から逃れる香り

 

これらの言葉が頭を占拠している時
私たちを縛っているのは「思考」です。

「思考の一定のパターン」に囚われているのです。。

それは過去の経験のある時点で
無意識に採用したパターン、
「思考のフレーム」です。

例えていうなら
「これ便利かも」とダウンロードしたアプリのようなもの。

でもその時は「便利そうだな」と思っても
本当はメモリを消費して動作を重たくするだけで
「なくても良かった」なんてアプリは多いですよね。

だから過去に無意識にダウンロードした「フレーム」も
その時は有効だったかもしれないけれど
今のあなたには実は
必要でないものが多いのです。

そしてそれが知らず知らずに
あなたを縛り
新しい世界へ進むのを妨げているかもしれません。

けれどもそのアプリを入れている以上
あなたが同じような出来事に出くわした時
殆ど「自動的に」そのアプリが立ち上がって
勝手に処理してしまうのです。

だからあなたには面倒がないけれど
実はいつもいつまでも
同じところを堂々巡り。

無意識にアプリに頼ることを止めれば
「今の自分の感覚」で
新しい処理
つまり新しい考え方
新しい対処方法を
試すことだってできるはずなのです。

こうした
「思考のフレーム」=「自動反応」に気が付き
手放すことができれば
もっと気持ちがラクに
自由になることもできるはずなのです。

 

「無意識領域」のフレーム

 

けれどもそのアプリは
「無意識」の領域で働いているので
あなたが「それ」を使っているという自覚は
殆ど持てないのです。

私たちの顕在意識は
あたかも水の中に沈む氷山の頭の部分。

それは、水面に出た
氷山の全体の内の
わずか約5~10%であると言われています。

そして、水面下の氷山=潜在意識は
実に90~95%であると言われています。

その潜在意識の海の中に
私たちは知らず知らずのうちに
子どもの時からの経験や
両親や
周囲から受け取った言葉等から
その後の「自動反応」となるアプリを
ダウンロードしてしまっているのです。

それは私たちが
新しい物事
新しい経験に出くわした時にでも

潜在意識にダウンロードしたアプリが勝手に
「過去の出来事」から
「過去はこうだったから、またこうなるはず…
だからこう対処しなくっちゃ」
と自動反応を始めるのです。

その結果として
態度・・行動・感情が
「無意識」に生み出されているのです。

つまり私たちは
物事をあるがままに見るので無く
今までに培った「フレーム」を通して
いわば「色眼鏡」をかけたまま
物事を見ているのと同じこと。

それはまるで
目に見えない「檻」に囚われているのと同じこと。

 

「フレーム」を創り出す3つのパターン

この「フレーム」が創られるパターンとして
次の3つが挙げられると思います。

過去世での経験に刻まれた
記憶からのフレーム(苦手意識、欲求)

0~7歳までの幼少期に刻まれた
「世界とはこういうもの」
「自分とはこういうもの」という眼鏡、フレーム

それ以降の経験からの思い込み「思いぐせ」

特に②の幼少期の体験や
誰かから(多くはご両親や兄弟姉妹)言われた言葉が
まだ0~7歳という成長途中の
未熟かつ多感な人格に
多くの間違った情報を
深刻に刻み付けてしまうケースは
大変多いのです。

例えば
「あなたは歌が本当に下手ね」と言われたことが
心と身体に染み付いてしまい

本当は言った本人は何のきなしに気楽に発した言葉であって

主観に基づき
なんの根拠もロジックもなく
発言したことであっても

言葉を向けられたあなたは

「自分は音痴なのだから人前で歌ってはならない」

といった確固とした
フレームを形づくってしまうのです。

もしこの「フレーム」を手放せば
実はちょっとの練習で
とても素晴らしい音感で
素敵な歌を人前で披露することだって
可能かもしれないのです。

 

「フレーム」から解かれて自由になる

 

日々身の回りに起こる出来事に
完全にコントロールを奪われて
一喜一憂してしまうのは
この「フレーム」が発する情報に
混乱させられていることも多いもの。

「フレーム」が無ければ
怖れずに挑戦できることも
増えてくるはずです。

色眼鏡越しに見ている世界から
「あるがまま」の正確な自分の立ち位置を確認しながら
進める世界へ…と自分の居場所を変えることも
できるはずなのです。

占星術で「蠍座」というサインは
「死と再生」を表すところとも言われます。

それは過去世、先祖、といった
本当に「死」に関わりの深い意味もありますが
生きていく上でのいらなくなった「フレーム」を壊して
「変容する」という意味にも取れると思います。

よく蝶が芋虫からサナギになる様子を
トランスフォーメーション=「変容」と言われます。

もともとの姿形を壊して
真新しい姿で空へと飛び去ってゆくさまは、素敵ですよね。

「フレーム」から解かれることで
あなたも
もっと伸び伸びと自由に
人生を歩んでゆくことができるかもしれないのです。

 

「素のまま」のあなたと向き合うために

 

この「フレーム」という「思考の枠」から自由になるために
有効な対策としては、まず第一に
自分一人の時間を持つことです。

それによって「あるがまま」の自分に向き合い
「あるがまま」の自分を取り戻すことで
周囲の状況の変化にも
「フレーム」を通さずに
「いまここのあなた」で対処する術を思い出すことができます。

特に「瞑想」はおすすめです。

でもちょっと難しそう…という方は
小さなノートや紙片を用意して
モヤモヤしていること
自分が今感じている感情を
書き出してみるのもおすすめです。

秋の一日の静かな夜、
是非サンダルウッドの香りを香らせながら
誰にも
何にも気を取られることなく
自分自身の内側へと
意識を進めてみませんか?

自然体の
飾らない
ありのままのあなたって
どんなでしたっけ?

「本来のあなたらしさ」を
もう一度思い出すために。
そして、
サンダルウッドとあなたとの
静かなひとときを味わったあとは

過去の経験に囚われたり
未来へ過剰な不安を抱くことなく

目の前にこれから起こるどんな出来事にも
今のような静かな気持ちで
受け入れることが
出来るようになっているのではないでしょうか?

(アロマの効果は個人差があり効能を保証するものではございません。ご了承ください。)

■アメブロ関連記事■

満たされない感情に気が付き、向き合うこと

宮代 彩也乃(みやしろあやの)
~陰陽五行・バランシング・セラピスト~ご提供メニューとプロフィールは「こちら

 

Ameba REQUさんにも出品始めました

タイム・チケットさんミニ・セッション受付中★

**お問い合わせ**

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね☆

陰陽五行バランシングセラピー

五行で流れを整えて、あなたの日常に小さな変化を起こす…各種ご鑑定メニューはこちらから…

アロマカテゴリの最新記事